会社設立で頼れる行政書士

名古屋で会社設立するとき、具体的な手続き面で頼れる専門家の1人が行政書士です。
起業手続きを実際に始めたあと、利用する機会の多い専門家ですよ。
行政書士が対応する分野はかなり広いのですが、簡単に言うと公的文書の作成が主な仕事です。
役所などに提出する申請書の作成や、その提出の代行といった仕事をお願いしたいなら、この行政書士が専門家になりますね。
ですから会社設立したいときも、この専門家を利用する機会も多いんです。

そのワケは、会社設立にかかる主な手続きは、公的文書の作成と提出になるからです。
ココで必要な書類とは、定款です。
あまり聞いたことのない書類ですよね。
定款とはその会社の運営者情報や運営規則など、その会社に関わるあらゆる情報をまとめた書類のことです。
これを作らないと会社は作れないほどの重要書類です。
コレを作ればあとは提出するだけなのですが、個人で作成するのが難しい書類として有名ですね。

実際にはこれを専門家に頼んで作ってもらう方が多いのですが、そのときに頼られる専門家の1人が行政書士というわけです。
定款も公的文書の1つですから、この専門家なら作成はお手の物ですよ。
書式などに通じているのはもちろんのこと、この定款に載せる内容も一緒に考えてくれます。
定款が完成すれば、あとの手続きはそれほど難しくありません。
会社設立にかかる手間の大部分を占めるのがこの定款作成ですから、ここをお願いできる行政書士は、まさに起業にあたって頼りたい専門家ですよ。

また、公証役場での認証手続きなら代行まで請け負えます。
公証役場とは、書類の内容を第三者が客観的に確認する特殊な役場です。
会社設立のときには定款をここに通す必要がありますが、この手続きの代行は行政書士が請け負ってくれますよ。

このように行政書士は、会社設立の具体的な手続き面で頼れる専門家の1人です。
名古屋には多くの行政書士がいますから、手続きの代行などをお願いできる専門家も探しやすいですよ。
定款の作成などで困ったことがあれば、行政書士を探すといいでしょう。