会社を設立させる手続きは個人でもできる?その流れは?

会社の設立を専門家に依頼するのではなく、個人(自分)で行う場合はどんな流れで手続きを行っていけばいいのでしょうか。
個人で行う場合は1つずつステップの流れに沿って手続きを行わなければならないので、その流れについて見ていきたいと思います。

・会社を設立したいときに行うこと!第1ステップの流れ
1.本店所在地を管轄する公証役場を調べる
2.定款の作成・必要な書類を用意
3.公証役場で定款の認定を受ける

会社を設立させたいのであれば、まず本店所在地を管轄する公証役場を調べておく必要があります。
定款の認定を受けるのは公証役場ならどこでもいいというわけではなく、必ず本店所在地を管轄する公証役場で認定を受けなければなりません。
定款の作成を行うときは商号や事業項目、資本金額や発起人などを記載し、認定に必要な書類や収入印紙などを用意して、公証役場で認定を受けなければなりません。

・会社を設立したいときに行うこと!第2ステップの流れ
1.定款の作成日以降に資本金の振込
2.通帳に発起人の名前の記載が必要
3.発起人が1人以上の場合は1人の口座に資本金を集約する
4.通帳のコピー
5.払込証明書作成

基本的に、資本金の振込を行うときは定款の作成日以降に資本金を振込まなくてはなりません。
さらに、通帳には発揮人の名前が必要で、発起人が複数人いる場合は資本金を1つの口座に集約しておく必要があります。
資本金の振込が完了したら通帳のコピーを取り、振込証明書を作成する流れとなります。

・会社を設立したいときに行うこと!第3ステップの流れ
1.登記に必要な書類を作成する
2.会社設立における登記の申請を行う
3.登記完了後、法務局で登記事項証明書と印鑑証明書を取得

登記に必要な書類を作成し、登記の申請を行っていきます。
登記の申請方法は法務局で直接行うのと郵送、オンラインの3種類があります。
登記の申請方法によって手続きの流れが異なるので、自分が行う登記素申請方法から流れを確認してください。
登記が完了したら法務局で登記事項証明書と印鑑証明書を取得します。

以上が会社設立におけるすべての流れになります。
登記が完了したときが会社の設立日となり、会社を設立してからは各届出を提出し事業を行っていくことになります。
これらのステップの流れに沿って手続きを行っていけば、個人(自分)でも手続きを完了させられます。
手続きを行うのは時間がかかるので、定款の作成と登記に必要な書類を作成するのを、いかにスムーズにこなせるかが素早く会社を設立する鍵となります。