会社設立を成功させるために!ビジネス企画書を作ろう!

 

会社設立を使用と考えている人は、何を「売り」にするのか、企画書に書いていくと、アイデアがまとまりやすいです。
一人株式会社から始める場合は、企画書のような他人に見せる書類ではなく、自分の頭の中を整理するメモでも大丈夫です。
頭の中で描いたものを具体的に文字や絵にしていくことで、鮮明にビジョンが想像できるようになっていきます。

まず、何を売りたいのかがはっきりしていない場合は、思いつくアイデアを徹底的に書き出すことです。
いわゆるアウトプットと言われる行動で、これをすることで、意外なアイデアを発見することが多いです。

ビジネスの軸とする商品が決まっている場合は、ブラッシュアップを行います。
そのためにはまず、ターゲット層を具体的に浮かび上がらせ、市場分析と競合分析を行う必要があります。

市場分析というのは、どの程度のボリュームがある市場なのか?について細かく分析をもらうことです。
ニッチ過ぎると売り出したはいいけれど、全く売れないというリスクがありますので、 ある程度需要がある市場を見つけて、商品を考え、売り出していかなければなりません。

また競合他社の商品についても、具体的に把握しておく必要があるでしょう。
競合の真似をするわけではありませんが、ライバル商品の魅力と欠点を理解しておけば、その欠点の部分を潰して、新しいオリジナルの商品を自社で生み出すことができます。

その市場は競合がすでに育てている市場ですので、あわよくばそこの利益を自社に持っていくことができるかもしれません。
特に会社を設立してから最初のうちは、会社自体の体力が乏しいですので、あまり宣伝費に力を注ぐことはできません。

そういう時は、今回説明したように、競合商品のある市場にあえて飛び込んでみるということです。
会社に体力がつけば、資本金を投じて、新しく市場を開拓することもできるようになってくるでしょう。

次は、予算を立てることも企画の一環として考えなければ なりません。
基本的に一つの授業に対して、一つの予算を立てるのが一般的な考え方です。

例えば100万円の予算を立てて投資をし、それが200万円になって返ってくるのであれば、そのビジネスは大成功です。
しかし予算をケチりすぎて商品の品質が落ちてしまった場合、想定通りの売り上げがいかないリスクがあります。
経営者にとって予算配分は、事業計画の中でもかなり重要な部分ですので、 この辺りの感覚を事業計画シミュレーションを行い、イメージトレーニングをしておくといいでしょう。