会社設立に資格は必要?

会社設立に関して頼れる専門家も多いわけですが、この手続きには資格が必要なのでしょうか?
この点に関しては特に心配はいりません。
各手続きは資格を持っていない個人でもできるものですから、すべての手続きを自分でやってもOKです。

ただし、知っておきたいのは、会社設立には各分野の専門知識が必要になることです。
手続きを最低限こなすだけなら資格を持っていない個人でもできますが、できるだけうまく起業したいなら、各専門家の力を借りた方が確実です。

たとえば、税金のことを考えて会社設立するなら、税理士の力を借りた方が確実です。
税務は個人でもある程度対応できるものの、専門家を頼った方が安全にこなせることは多いですね。
また、独立法人を作るなら、以降の税務は個人の頃より複雑になるのが基本です。
その意味でも、税金関係の対策を立てるときは、最低でも1度は税理士に相談するのがオススメですね。

これは定款の作成についても言えます。
会社設立のときに必ず必要になるこの書類は、自分でも作れるものの、その後の会社運営がスムーズになるような定款は、司法書士などプロの力を借りた方が確実です。
個人で作ると、最低限の項目を埋めただけの定款にどうしてもなりやすく、本当なら使えたはずの制度や特例が使えない定款になっている場合も多いです。
各文書作成や起業手続きに慣れているプロのアドバイスがあれば、これらをフォローしてもらえて、よりよい定款を誰でも作れるわけですね。

このように会社設立の手続き自体に必ずしも専門の資格は必要ありませんが、実際には各手続きはプロの資格者に頼った方が、よりうまく会社設立できます。
部分的な相談の対応から、総合的な起業サポートまで、専門家によるいろいろなサービスがありますから、必要に応じて使ってみるといいです。
名古屋のような都市部なら、これら専門家も数多くいます。
税理士が必要なときは税理士、司法書士が必要なときは司法書士と、その時々で必要な専門家を頼れるでしょう。